☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今を切に生きている・・・

マキア6月号。
まだ買えないでいるけれど、芳麗さんのツイを読むと早く手に取って読みたくなる。


「切に生きる」をググったら、この文章に行き当たった。

切に生きる

ある時、弟子が師の道元に聞いた。
「人間は皆仏性を持って産まれていると教えられたが、仏性を持っているはずの人間になぜ成功する人としない人がいるのですか」
「教えてもよいが、一度は自分でよく考えなさい」
 道元の答えに弟子は一晩考えたがよく分からない。
 翌朝、弟子は師を訪ね、ふたたび聞いた。
「昨晩考えましたが、やはり分かりません。教えてください」
「それなら教えてやろう。成功する人は努力する。成功しない人は努力しない。その差だ」
 弟子は、ああそうか、と大喜びした。だがその晩、疑問が湧いた。仏性を持っている人間に、どうして努力する人、しない人が出てくるのだろうか。翌日、弟子はまた師の前に出て聞いた。
「昨日は分かったつもりになって帰りましたが、仏性を有する人間に、どうして努力する人、しない人がいるのでしょうか」
「努力する人間には志がある。しない人間には志がない。その差だ」
道元の答えに弟子は大いに肯き欣喜雀躍家路につく。しかしその晩、またまた疑問が湧いた。仏性のある人間にどうして志がある人とない人が生じるのか。
弟子は四度師の前に出て、そのことを問うた。道元は言う。
「志のある人は、人間は必ず死ぬということを知っている。志のない人は、人間が必ず死ぬということを本当の意味で知らない。その差だ」
 道元の逸話である。この逸話を彷彿とさせる道元の言葉が「正法眼蔵隋聞記」にある。

「道を得ることは、根(こん)の利鈍にはよらず、人々(にんにん)皆、法を悟るべきなり。精進と懈怠(けだい)とによりて、得道の遅速あり。
 進怠の不同は、志の至ると至らざるとなり。志の至らざることは、無常を思わざるなり故なり。念々に死去す。畢竟(ひっきょう)じて且(しばら)くも留まらず。暫(しば)らく存ぜる間、時光を空しくすごすことなかれ」
(道を得るかどうかは生まれつきの利発さや愚かさによるものではない。修行する人は皆必ず悟りに達することができる。
 ただ一所懸命になって精進する人と、怠けてやる人との間には当然早い遅いの差が生じる。精進するか怠けるかは志が切実かどうかの違いによる。志が切実でないのは、無常を思わないからだ。人は刻々と死につつある。こうして生きている時間を大切にして、自分を磨いていかなければならない」

切に生きるとは、ひたすらに生きるということである。いまここの一瞬一瞬をひたむきに生きるということである。小我を忘れ、何かに懸命に打ち込むことである。その時、生は本然(ほんぜん)の輝きを放つ。

 是の処は即ち是れ道場~苦しい死の床にあるこの場所も自分を高めて行く道場。道元はこの言葉を唱えながら亡くなったという。
「はかない人生を送ってはならない。切に生きよ」・・・道元が死の床で私たちに残した最期のメッセージを噛みしめたいものである。
人間学誌 致知(19年6月号)特集切に生きる  編集長 藤尾秀昭


本然とは、「自然のままで人の手が加わっていないこと。もともとの姿であること。」という意味。
亀の放つオーラは、そういう生き方からの輝きなんだと思った。

それから、マキア編集部のツイには、「6月号亀カメラ裏話」が載ってる。
少年のような横顔、まさにGoスポでドミニカ共和国に取材に行っていた亀の感じなんだろうな。
本当に野球少年って感じだったもの。

大人だったり、少年だったり、乙女だったり・・・。
本当に亀はたくさんの表情を持っている。
そのどれもが素敵であるし、それぞれでまた多くの表情を見せてくれる。
それは、亀の魅力のひとつでもあり、最大の武器だと思う。


それから、グッズの値段の価格未定の値段が、J-netに出ましたね。

★パンフレット:2,200円
★ショッピングバッグ:1,800円
★ショットグラス:1,000円
★缶バッジ:500円

やっぱり、ショットグラスが気になる!

ツイを見ていると、どうも360度使った構成になる感じがしますね。
まさにクオーター。
どんな感じになるのか、すごく楽しみ!


それから、5月20日(水)少クラプレミアムのゲストが発表されました。
V6 と LOVE PSYCHEDELICOです。
LOVE PSYCHEDELICOって知らない・・・けど、楽しみです。


そして、悪露婚のデイリー DVD総合ランキング。
KAT-TUNのライブDVDが、3日間連続1位です。
このまま突き進んでほしいです!


 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




地元の放送局、どうにかオンエアしてくれないかなあ。

そのためにメールを何度もしているけれど返事ないし、電話しても「予定ありません!」とそっけない。
でも、諦めず要望は続けていくつもりです。

それと、今回は忙しくてドリボの要望書企画はできなかったのですが、こちらのほうも要望していきたいです。
毎日要望はできないにしても、最低1ヶ月に1回は要望していきたいです。



| 亀梨和也 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT