☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

20150617 ザ少年倶楽部プレミアム & ドリボのこと

昨日の少クラプレミアム。
毎回思うことだけど、神番組だ。

神番組と思わせる理由は、ファンの想いを確実に形にしてくれているってこともあると思う。
同時に、彼ら一人一人のスキルを上げてると強く感じる。
歌、うまくなったもの。

今回、番組の半分は、quarterのライブ関連だった。
参戦できなかった人にとっては、貴重な映像だ。
もちろん、参戦した人もライブDVDが出るまでに何度もリピすると思う。

10周年の存在は大きいですね。
KAT-TUNだけれど、なぜKAT-TUNなのかというところにもう一度振り返ってみたいし、さらに意味をちゃんと提示したいというか、ファンのみなさんに対し。
まずは、それぞれ個性的なメンバーなんで、何かそういった部分が出せたらいいなあと。


リハーサルの裏側に潜入・・・

KAT-TUNはデビュー前から、自分たちでライブを作り、その構成力の高さが評価されてきた。
ライブへのこだわりは、どのグループよりも強い。
踊りなれたダンスの動きも、メンバー同士何度も話し合い、自分たちのイメージを何度もスタッフたちと共有する。


”セルフプロデュース”

自分たちの理想のライブを自分たちで作る。
それは、彼らにとって、ごく当たり前のこと。

個々の力をひとつに合わせて化学変化を起こす。
それは、KAT-TUNの魅力をますます増していく。

こうやって形にしてみて、パズルみたいな感じっていうか、作らしてもらっていますね。
そういった意味では、それに対応してくれる周りのスタッフさんだったり、Jr.の子だったりとかは、ありがたいです。


Jr.の子たちも、KAT-TUNの背中を見て育っていく。
これも、ジャニーズの伝統なんだろうと思う。
そこで得たものを自分のものにすることが、この世界で活躍していくことにつながる。

それにしても、彼らのこだわりは半端ない。
こうやって彼らの想いを目の当たりにすると、KAT-TUNのライブを違った視点から見ると、改めてKAT-TUNのライブの凄さを感じる。
KAT-TUNのライブは、最高だ。

じゅんのの振り付けについて。
今回、ラブユアを振付けたと。

雄「正直、ちょっと言いにくいですけど、あの、田口の振り付けね、なんか、ちょっとね、よくなってる気がするんだよね。」
淳「アハハハハ!」
雄「振を付けるっていう能力がね、ちょっとね、上がってる気がする。」
竜「俺、最初ね、振り変えるっていったとき、『ふざけんなよ!』って思ったんですけど、でも、実際やってみたら・・・。」
亀「寄せてきたよね。俺らに寄せてきたよね。」
雄「昔はね、ホント、やりづらかったの。」
竜「クセ、入れてたもの。」
亀「KAT-TUNにちゃんと寄せてきた。」
竜「やばいよ、こいつ頭がよくなってきたようだ!」

じゅんのを褒める言葉も、KAT-TUNらしい。
それに対して喜ぶじゅんの。
本当にチームワークがいい。

シャッフル企画の、竜ちゃんの「頼むよ。もう我慢できないんだ!」が放送されるなんて思わなかった。
NHK的には大丈夫だったんだ。

KAT-TUNにとって、ファンの存在。

竜「お互い、支えあってる感はあるよね。」
亀「まあ、とにかく、KAT-TUNというグループにとって、なくてはならない存在で間違いないし、(ファンが)あるからこそ、KAT-TUNでいられるし。」

亀「こう、一緒に過ごせる時間ってのは、すごい貴重なので・・・。」 
淳「KAT-TUNらしく出来ることを・・・。」
雄「チームプレーですね。」 
竜「最後に『バイバイ』って言うときに、『ああ、KAT-TUNというグループでよかったな』と思える、公演が一番いいかな。」

プレミアムショーのステージ。
真ん中にちゃんと「ハイフン」がある。
それを見つけたとき、本当に胸がいっぱいになった。

いろんなことあったけど、本当にKAT-TUNのファンでよかったと思う。
私たちハイフンが、「WE ARE KAT-TUN」のひとりであるんだと、改めて強く感じた。


もう、何度リピしていることか。
仕事以外は、ずっと観ている気がする。

やっぱり、今年もう1回ライブをお願いしたいな。
彼らには、ライブが似合うもの!


タメ旅の要望、がんばりましょう!

TBS <視聴者サービス部宛メッセージフォーム
チューリップテレビ(TUT) <お問い合わせ
北陸放送(MRO) <Eメール:mro@mro.co.jp>
毎日放送(MBS) <メールフォーム
テレビ山口(TYS) <Eメール:hensei@tys.co.jp>
テレビ高知(KUTV) <ご意見・お問い合わせ
RKB毎日放送 <ご意見・ご感想
大分放送(OBS) <お問い合わせ
熊本放送(RKK) <Eメール:tv-hensei@rkk.jp>
琉球放送(RBC) <ご意見・ご感想・お問い合わせ


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング




続きは、私の想いとチケの譲渡です。





今年のドリボの発表がありましたね。
これに対して、亀担の想いは複雑です。
ただ、やはりドリボの舞台を映像化してほしい、それが叶えばある意味ファンもドリボを卒業できるって思うんです。

ドリボの要望書については、いろいろと考えています。
こんな弱小ブログで呼びかけても集まらない。
毎日ツイで呼びかけている方もいらっしゃいますが、どのくらい賛同して行動してくださっているのかわからない。

要望書についても、いろいろな意見があります。
諦めている人もいなます。
でも、行動しなければ叶うことへはつながらない。

8月に亀の舞台を観に東京に行きますが、そのとき、またドリボの企画を立てて要望書をファミクラに持っていこうかどうか、正直悩んでいます。


☆チケの譲渡☆

*交換

【譲】8月28日㈮ 13:00 2枚
【求】8月25日㈫ 13:00 2枚

【譲】8月10日(月) 18:30 2枚
【求】8月30日(日) 13:00 2枚

【譲】8月15日(土) 18:30 1枚
【求】9月10日(木) 13:00  1枚

*以上の交換は、すべてS席です。




【譲】8月27日 18:30 A席2枚
【求】8月22日もしくは29日 S席またはA席2枚 (昼公演でも夜公演でも可)

なお、舞台のチケですが、交換譲るのみ掲載ですのでご了承ください。

また、コメを書いたのと違っているなどがありましたら、お知らせください。


| KAT-TUN | 14:09 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/06/21 19:48 | |

ドリボのDVD化切実に願ってます!!
ryuryuko様の気持ち心から賛同してます。
しかし、実際、どのように伝えたらいいのか分からないです。
要望書とか作られる際には、絶対に協力します、させてくださいね♪

| Rie | 2015/06/21 18:19 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/06/21 14:05 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/06/21 12:07 | |

以前は毎日のようにどりぼのDVDの要望葉書書いてたのに、いつからか書かなくなりました。
もう、あきらめちゃってました。

あきらめモードの人多いと思います。
でもこのドリボの時期になると、やっぱりあきらめられないという思いがフツフツと。
今日からまたせっせと葉書を書きます。

| ありす | 2015/06/19 20:49 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT