☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

評価

今日は、深田さんが観劇したそうですね。
それも、初代の賢治役をされた藤木孝さんと一緒に観劇したそうです。
今日は入っていた友達は、深田さんがとてもかわいかったと言ってました。

はじめ、藤木孝という名前に「?」だったんですが、藤木さんを検索したら元の芸名が「藤木敬士」という名前だったことがわかり、顔と名前が結びつきました。
悪役でよくテレビに出てた方です。
今回のことで、名前を「孝」に替えられたんだって初めて知りました。

藤木さんの感想は、どうだったのでしょう。
ぜひ、聞きたいですね。


さして、「靑い種子は太陽のなかにある」の評価がよくて本当にうれしいです。
その中のひとつ。

1960年代初頭のスラム街を舞台にした昭和の匂いが濃厚な劇世界に、亀梨和也と高畑充希が、想像以上になじんでいるのが印象的。
思えば亀梨和也&高畑充希は、映画「バンクーバーの朝日」で第二次大戦前から戦中の庶民を好演、亀梨和也は「ジョーカー・ゲーム」でも第二次大戦中のスパイ役を巧みにこなし、“昭和の日本人”役との親和性は証明済み。
さらに、ふたりともさすがに歌唱力も高く、松任谷正隆氏による昭和感あふれる曲の数々を情感ゆたかに聴かせます。

それにしても、50年前の戯曲を、アングラ的な猥雑さたっぷりに見せながら、60年安保闘争の熱気の中で生まれた劇世界と、現在の日本社会をダブらせる、蜷川幸雄氏のパワフルな演出が見もの。
80歳にしてこのエネルギーは凄い!
エンタメでいこう


そして、こちらの記事。

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、米国の演劇、映像業界において第一線で活躍し、国際的に高い評価を受けている演出家、ジュリー・テイモア氏を、8月25日から9月3日まで10日間の日程で日本に招へいします。
大学卒業後には人形浄瑠璃を学ぶため淡路島を訪れ、世界中で愛される舞台『ライオンキング』のインスピレーションを得たというテイモア氏。
今回の訪問では、日本の伝統文化をいかしながら新しい要素を取り入れて日々進化する歌舞伎の舞台や、創立50年を迎えた富山県利賀村に拠点を構える劇団SCOTの活動、また常に大胆な挑戦をし続ける蜷川幸雄氏演出の音楽劇を観賞するなど、日本演劇界の伝統と「今」に触れます。日本で活躍する演出家、劇団、俳優、文化人たちとの交流の機会を設けることで、国や言語を越えた日米演劇交流、ひいては将来の国際共同制作へとつながる機会となることを期待しています。
米・トニー賞受賞作品「ライオンキング」演出家 ジュリー・テイモア氏を招へい

ジュリー・テイモア氏の訪問先に、なんと「靑い種子は太陽のなかにある」の項目があるんです。
もちろん世界の蜷川の舞台ですから観劇されるという理由はわかりますが、それが亀の主演舞台であるjことは、とても感慨深いです。

芳麗さんのツイに、ZERO密着での、「まだ達してないんじゃないですか? 蜷川さんの・・・測りに。」という亀の言葉が頭に浮かびました。
でも、その挑戦は結果をだし、蜷川さんの測りに達してきているんじゃないかしら。
観劇した多くの方に感動を与えていますものね。


タメ旅の要望、がんばりましょう!

TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム
チューリップテレビ(TUT) <お問い合わせ
北陸放送(MRO) <Eメール:mro@mro.co.jp>
毎日放送(MBS) <メールフォーム
テレビ山口(TYS) <Eメール:hensei@tys.co.jp>
テレビ高知(KUTV) <ご意見・お問い合わせ
RKB毎日放送 <ご意見・ご感想
琉球放送(RBC) <ご意見・ご感想・お問い合わせ



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私事とチケの譲渡です。




今朝は夜勤だったんですが、帰宅する時間が丁度台風が一番近かったときで、外は暴風&豪雨。
なので、前代未聞の「帰宅禁止令」が出ました。
窓の外を見ながら悶々としていたのですが、ちょうど台風の目あたりなのか雨がやみ風がすこし落ち着いたので、そのチャンスに帰宅しました。
帰宅途中、電柱が大きく揺れていて折れそうで怖かった。
木も、何本か折れていました。

台風は過ぎ去ったあとも、そのあとから、風がうなっていました。
ありがたいことに直接の大きな被害はありませんでしたが、被害に遭われた方には一日も早い復旧を心から願うばかりです。


☆チケの譲渡☆


*お譲りします

9月10日(木) 13:00 S席 2枚

9月12日(土) 13:00  3階2列 1枚(A席)

9月12日(土) 13:00 S席 2階14列 1枚


*交換

【譲】8月28日㈮ 13:00 2枚
【求】8月25日㈫ 13:00 2枚

*以上の交換は、すべてS席です。


連絡先は、携帯アドレスでお願いします。

なお、舞台のチケですが、交換譲るのみ掲載ですのでご了承ください。

また、コメを書いたのと違っている、譲り先が決まったなどがありましたら、お知らせください。



| 靑い種子は太陽のなかにある | 23:05 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/08/26 17:37 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/08/26 15:11 | |

こんにちは。ryuryukoさん。台風で帰宅禁止が出るとは…大変でしたね。自然の猛威程怖い物はありません…。ご無事で何よりでした。
25日に私も観劇して来ました。3階席からでしたが、1歩引いた形で楽しむことが出来ました。しかし蜷川ワールドは面白いですね。オブジェといい、照明といい、住人たちといい不気味で奇妙で、どこか滑稽でもある…。中丸君の言うように異質の空間ですね。群部では聴かせる美しい歌声というよりは、魂の叫びというか、底知れぬエネルギーと迫力を感じました。そんな中で真っ直ぐで一途な亀と高畑さんの存在が一際眩しく輝く…。蜷川さんが亀に「上手く歌い上げようとするな!」と言っていた意味が分かる様な気がします。上手い歌を聴かせるのが目的ではないのでしょう。
そして本当に様々な方に注目されている舞台ですね…。蜷川さんの凄さを感じます。パンフレットで蜷川さんが海外へ進出したいという強い野望を語っていましたが…。亀も何かの雑誌で今後新しい挑戦があるようなことを言っていました。これからも一皮も二皮も剥けて進化し続けていくのでしょうね。そんな亀を見ていると私も力が湧いてきます。深田さん、藤木さんも来てくださっていたのですね。帰りに誰かを迎えに来たタクシーを見かけました。
MAQUIAの亀、いいですね。MAQUIAは一番亀の生の声を感じられて好きです。

| Chizu | 2015/08/26 12:42 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT