☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふり幅 part2

昨日の夜、待望のライブDVDが届きました!!
続けて全部観ることはできないけれど、家にいる間中は、ずっと流してる。

改めて、彼らのライブのすごさを感じましたね。
同時に、彼らのふり幅の大きさを認識しました。

毎回毎回のライブが進化している。
亀がいつもいっているように、今の彼らの最大級のすべてを網羅してる。

子どもたちの感想は、「すげえー。これ生で観たら、もっとすごいんだろうね。」の一言。
画面でもこんなに迫力があるもの!

ってことで、ライブDVDの感想は、もう少し堪能してから書きます。

そうそう、ゆっちもモニタリングでの番宣ごくろうさま。
大変なロケだったと思うけど、ごめんなさい、大爆笑しちゃった。
特に、「家に帰りたい」ってフレーズ、子どもたちが小さいこと辛いことにあったときに「おうちに帰りたい!」と言ってことを思い出して・・・。
ゆっちのそんなところも魅力のひとつなんだと思います。


それから、ライターの佐藤ジェニーさんが、セカラブの亀のことをこう書いてくださっています。

亀梨が演じる平慶は、非常にハードルの高い役だ。難しい理由のひとつは、世界を股にかける天才コンテンポラリーダンサーという点だ。ダンス指導はダンス界の第一線で幅広く活躍し国内外で高い評価を得ている能美健志(のうみけんし)氏と贄田麗帆(にえだまほ)。「あらゆるダンスの手法をとりいれた、スタイルをもたないダンス(能美氏)」というコンテンポラリーダンス。クラシックバレーの応用のような動きは、馴れたダンスと身体の使い方から違うため、一からの挑戦に等しい。「自分も踊ってはいるけれど、まったく別で亀梨スタイルを使えないから、最後まで気を抜けず悪戦苦闘した」と亀梨は振り返る。

指導者から手とり足とり指導を受けながらの、数時間に及ぶダンスの練習風景。1話の深田恭子演じる西原結唯に想いを伝えるダンス、3話の怒りや悔しさを表現するダンス、4話の一之瀬佑都役のプロのダンサーであり俳優の大貫勇輔と同じ動きをする難易度の高いダンス、最終話の別れのダンスの練習シーン。ステージではなく、石畳の上を靴なしで靴下のみで踊ることあり、足への負担ははかりしれない。靴下が擦りきれ、膝を痛め、血がたまって手の色が変わるほどになっても、真剣にダンスに挑み続ける亀梨の表情や姿はラブシーン以上にセクシーさを放出する。

能美氏は、「10年の時間を要するダンスを3ヵ月でマスターしなければならないから大変だが、(亀梨の)身体能力がすごくあり、美意識が高いところがダンスにおおいに役立つ」と当初から話していたが、最終話では「回を追うごとにどんどん成長してスキルアップしているのが目に見えてわかった」と評価した。

もうひとつ、難易度が高かったのはドイツ語で演じるシーンだ。全く基礎がないから他の言語。先生に教わり、本番直前までドイツ語のセリフを必死で繰り返すが、正しく発音をするだけでは納得できず「そこに感情を入れること」にこだわる姿があった。

メイキングシーンで細やかに演技指導をしている演出の塚原あゆ子氏は、亀梨を「思ったより骨太で幅の広い役者。たくさんの役がこれからできると思うし、間違いなくこれからの日本の演劇界の歴史のなかで、おじいさんになるまで中央であり続けることができる力のある俳優さん」と俳優としての力を高く評価している。

亀梨の仕事や役柄との向き合い方、撮影したシーンを確認する真剣な目、時々見せるチャーミングな仕草や言動、うまくいった時のスポーツマン的な喜び方など、多面的な魅力がギュッとつまったドキュメンタリー映像。最後の「作品を支えたもの」も、繊細に丁寧に情熱を込めて挑戦しながらつくった作品であるのが伝わり感動的だ。あらためて本編を見直したくなるし、亀梨ファンなら何度もリピートしたくなる宝物のような特典映像と言えるだろう。


演出家の塚原さんから「骨太で幅の広い役者」だと評価してくださってることがうれしかった。

とにかく、彼らのふり幅は広くてとてつもない。
どんなものとでも化学反応するし、その結果は想像を超えるものだ。
そんな彼らの強みを生かした仕事が、これからもどんどんくるといいなって思います。


それから、こんなツイもありました。



【報知映画賞・読者投票】

主演男優賞に「亀梨和也」(ジョーカー・ゲーム)、助演男優賞に「亀梨和也」(バンクバーの朝日)の投票をしましょう!
投票締切は、11月1日(日)です。

報知映画賞「読者投票」


タメ旅の要望、がんばりましょう!

TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム
チューリップテレビ(TUT) <お問い合わせ
北陸放送(MRO) <Eメール:mro@mro.co.jp>
毎日放送(MBS) <メールフォーム
テレビ山口(TYS) <Eメール:hensei@tys.co.jp>
テレビ高知(KUTV) <ご意見・お問い合わせ
RKB毎日放送 <ご意見・ご感想
琉球放送(RBC) <ご意見・ご感想・お問い合わせ



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私のちいさなつぶやきです。




これは、私の小さなつぶやき。
今度の日曜日、急に休みになりました。
もし近くの方で、一緒にライブDVDを観てもいいよと言う方がいらっしゃいましたら連絡先を書いて隠しコメください。
市内のカラオケBOXで、ライブDVD鑑賞会をやろうとと思ってます。


| KAT-TUN | 12:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT