☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愛なんだ!

今日の亀ラジでの冒頭の言葉。

こんにちは、亀梨和也です。
ラジオを、お聴きの皆さま、そして、ファンの皆さま。
えー、ファンの皆さまには、第一に、報告したかったんですが、今回、このような形になってしまい、申し訳ございません。
引き続き、皆さまと、楽しい時間を過ごせるように活動していきたいと思いますので、応援、よろしくお願いします。


亀の心中を思うと、涙があふれた。
これは、別撮りだ。
もしかしたら、ファミクラに行ったときに録音したものかもしれない。

本当に亀は、いつも、ちゃんと自分の言葉でファンに発してくれた。
そして、楽しい時間を過ごせる活動をしていくと言ってくれた。
なかなか立ち直れないけれど、亀のこの言葉で、少し気持ちが落ち着いた。

きっと、新たなKAT-TUNの姿を見せてくれる。
そう信じることができた。
ずっと応援するし、支えていくよ!

V6の20周年に対して。

20年ね、ホントに個々の活動・・・を充実させながらも、グループとしてね、6人で歩まれてるのは、やっぱ凄いなあって、改めて、はい、感じます。

亀も6人で同じ方向を歩いていきたかったよね。
でも、5人となり、4人となり、そして、今度は3人となる。
考えてみると、この10年、落ち着くことなく、本当にいろいろなことがあった。

6人で続けることは叶わなかったけれど、ピンチのたびにそれをチャンスに変えて強くなってきた。
失ったものは大きかったけれど、その分得たものも大きい。
そうやって、彼らは過去を超えてきた。

それが、KAT-TUNの魅力となっている。
そんな彼らが20周年を迎えることができたら、今以上に光り輝いていると思う。

番組の中で流れた「愛なんて」の曲。
これって、玉置浩二さんの作曲なんだね。
歌詞は、松井五郎さん。

つらいときでも愛なんだ  できるなにかが愛なんだ
信じてみてもいいはず   あきらめない 明日の太陽
きっと涙も愛なんだ     微笑みもそう愛なんだ
つよい気持ちでいれば   かならずある明日の太陽

どんなことがあろうとも、それを愛に変えていきたい。
それが、WE ARE KAT-TUNであることだもの。

玉置さんバージョンを聴くと、東京バンドワゴンが見たくなってきちゃう。

雅-MIYAVI-×玉置浩二  愛なんだ

それから、怪盗山猫の公式ツイッター。


「チーム山猫」降臨!
さあ、にゃんにゃん言わなきゃね!

亀ラジ にゃんにゃん



私たちの声を届けましょう!!


ファミクラ

〒150-8550
東京都渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワー B1F



タメ旅

〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6 TBSテレビ 『KAT-TUNの世界一タメになる旅! |』係。

TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム



少プレ

ザ少年倶楽部 プレミアムご意見・ご感想



亀ラジ

KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT:メッセージお待ちしています



シューイチ

シューイチ みなさまの声



がつーん

email:kat-tun@joqr.net

ハガキ:〒105-8002 文化放送 KAT-TUN のがつーん係




《第39回 日本アカデミー賞》
【話題賞 候補】「ジョーカー・ゲーム」、「バンクーバーの朝日」
俳優:亀梨和也

投票はこちら

Hat GrandPrix 2015

投票締め切りは、 11月30日(月)です。

Hat GrandPrix 2015 投票フォーム

タメ旅の要望、がんばりましょう!
TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム
チューリップテレビ(TUT) <お問い合わせ
北陸放送(MRO) <Eメール:mro@mro.co.jp>
毎日放送(MBS) <メールフォーム
テレビ山口(TYS) <Eメール:hensei@tys.co.jp>
テレビ高知(KUTV) <ご意見・お問い合わせ
RKB毎日放送 <ご意見・ご感想
琉球放送(RBC) <ご意見・ご感想・お問い合わせ



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。





救急医である女性のO医師。
ドラマの田口を見て、KAT-TUNに興味を持ちつつあったし、ベスアも観ていたから、今回のことはすごく怒っている。
また、やつれて目を腫らしている私のことを心配してくれてる。

最近やせたから、なおさらそのやつれが目立つみたい。
心臓カテーテル室担当のH看護師から、「もう年なんだし、やつれてたらみっともないですよ!」と言われた。
循環器内科の医師たちも、何事だという目で私を見た。

たまたまそこにO医師もいて、「KAT-TUNの田口くんがやめちゃうから、落ち込んでいるんですよ。」と代わりに説明をしてくれた。
「彼女は、亀梨くんの大ファンで、KAT-TUNのことも大好きで、彼女がKAT-TUNを支えていると言っても過言ではないんですよ。そんなファンが、KAT-TUNにはたくさんいるんですよ。」とO医師。
その言葉に、思わず涙が出た。
涙ぐむ私を見て、循環器内科の医師たちは慰めてくれ、「元気つけて!」と栄養ドリンクをくれた。

なかなか立ち直れなくて、元気が出ない。
今週は、眠れない日々が続いた。

でも、今日のラジオを聴いて、亀の言葉に救われた。
亀を信じてついていけばいいんだと改めて思った。
そして、今回のことをひとつの愛なんだと受け止め、強い気持ちを持っていこうと思った。



| 亀梨和也ラジオ | 14:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT