☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グループ構築

今日のシューイチ。
田口が脱退することに対するゆっちのコメント。

まずは、KAT-TUNとともにお仕事をさせてもらっている関係者の皆さまに、大変ご迷惑をおかけしたことを、申し訳なく思います。

それから、ファンの皆さまに対しては、そうですね、グループとして10周年を目前にしているもので、本来であれば前向きなことをお伝えしたいという気持ちはあるのんすが、それに反して、こういった形になってしまったことを、大変心苦しく・・・思いますね。

主観的なことを、まあ話させていただきますと、田口とは、まあ約半年間くらい、お互いが後悔のないようにと・・・いうことで、時間のある限り話し合いはしたんですけども、やっぱり田口の強く思う部分がありまして、僕の理想とする4人での活動っていう形にはできなかったことを、力がなくて、悔しい思いで、いっぱいですね。

田口とも、まあ17年、苦楽をともにした仲間でもありますので、ホントに悲しくは思うんですが、仲間としてただ、二点ほど思うことがありまして・・・。
まあ一点は、その脱退理由と、もうひとつは、そうだなあ、今後の活動のビジョンがあるのかないのか・・・というのを、まあ、ちょっと不透明すぎるなあというのはなんとなく思っておりましたので、これまで応援してくださったファンの方はそこが気になるんじゃないかなと思うので、まあ、可能な範囲でもいいので、田口くんもその点をちょっと説明いただけたらなと・・・、いいのではないのかなと、仲間としては思います。

今後の活動におきましては、脱退まではもちろん、しっかり4人で活動していきますし、その後は、3人でまた新たなグループ構築に努めて参りたいと思います。

(0周年を迎えることに対して)そうですね、その気持ちに反してるというのがとても心苦しいですね。
ただ田口もひとつの人生の選択なので、ある程度以上は介入できなかったということで、とても残念に思います。


ゆっち、生放送で、真摯に言葉を選びながら、自分の想いを伝えてくれてありがとう。

「グループ構築」

構築とは、「基礎の構えから始めて全体を築く(作り上げる)。」という意味。
今まで、「リスタート」だの「新生」だの使って、グループとしての再起を願ってきたけれど、それじゃあままならなかった。
だからこそ、改めて、グループの在り方を最初から根本的に考え、メンバーたちの想いを確認し、作り上げていこうと思ったのではないか。
ゆっちの言葉から、そんな想いを感じた。

同時に、今のこの状況の中で、この言葉にとても勇気をもらったし、感動した。
彼らのその想いがあれば、KAT-TUNは大丈夫だと感じた。

ただ、彼ら3人の想いがいくらあっても、事務所がNOと言えばそれまでだ。
KAT-TUNを存続していくためには、亀も言っていたように私たちの声が必要だ。

なので、要望には、「KAT-TUN存続」の要望を出しましょう。
今こそ、ハイフン力を発揮するときだ感じますし、これが彼らを支える確かなことだと思っています。



私たちの声を届けましょう!!

ファミクラ
〒150-8550
東京都渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワー B1F


タメ旅
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6 TBSテレビ 『KAT-TUNの世界一タメになる旅! |』係。
TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム


少プレ
ザ少年倶楽部 プレミアムご意見・ご感想

亀ラジ
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT:メッセージお待ちしています


シューイチ
シューイチ みなさまの声


がつーん
email:kat-tun@joqr.net
ハガキ:〒105-8002 文化放送 KAT-TUN のがつーん係




《第39回 日本アカデミー賞》
【話題賞 候補】「ジョーカー・ゲーム」、「バンクーバーの朝日」
俳優:亀梨和也

投票はこちら

Hat GrandPrix 2015

投票締め切りは、 11月30日(月)です。

Hat GrandPrix 2015 投票フォーム

タメ旅の要望、がんばりましょう!
TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム
チューリップテレビ(TUT) <お問い合わせ
北陸放送(MRO) <Eメール:mro@mro.co.jp>
毎日放送(MBS) <メールフォーム
テレビ山口(TYS) <Eメール:hensei@tys.co.jp>
テレビ高知(KUTV) <ご意見・お問い合わせ
RKB毎日放送 <ご意見・ご感想
琉球放送(RBC) <ご意見・ご感想・お問い合わせ



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




ゆっちは、田口の脱退理由を知っていると思うけれど、それは納得すべきものではないから、「不透明」って言葉を使ったんだって思う。
しかし、納得させることができず、今、このような結果になってしまった。

なぜ、今なのか。
なぜ、KAT-TUN担だけでなく出演するアーティストファンがとても楽しみにしていたベスアでの報告だったのか。
なぜ、脱退理由を伝えないのか。

私はどんなに心が狭いと言われても、KAT-TUNからいなくなる田口は応援できないし、すごく失望している。
これから田口がどんなことを語ったとしても、また今まで語ったことまでも、全てが信じられない。
今まで、田口のことを信じていたから、なおさらその気持ちは強い。

「義務と権利」論で言えば、脱退することは、個人の自由だし、権利でもあると思う。
でも、メンバーやファンにちゃんとした説明をすることは義務だと思う。
また、田口やKAT-TUNのために動いてくださった関係者の方々にも納得できる説明が必要だが、それはちゃんと行えているのだろうか。
辞めていくものは、そのことでの被害が最小限になるようすべきことが最低限の義務だと思う。

アイドルだからといっても、もちろん1人の人間だ。
でも、アイドルという職業を選んだからには、その覚悟も必要。
田口には、その覚悟がなかったのかもしれない。

今後のグループ構築は、生易しいものではない。
今回の脱退理由も曖昧だし、噂ばかり先行しちゃって、ますましグループとして印象が悪くなる。
3人も脱退者を出したグループとしてのイメージは悪く、CMもつかなくなるかもしれない。
でも、このピンチをチャンスに変えて、必ずKAT-TUNとしてのグループを構築してくるに違いない。


今回のこともそうだけど、脱退するメンバーが出るたびに、友達から、「もし亀がKAT-TUNを脱退すると言ったらどうするか?」と聞かれる。
私は、「即、亀担を降りる!」と答えてる。

亀の好きなところは、亀個人としても、KAT-TUN亀梨和也としても、その考え方にブレがないということだ。
一貫性があるし、常に相手のことを考えてくれている。
今までの亀の言葉から、亀のKAT-TUNに対する覚悟を感じている。
私も、亀担として覚悟を持って亀を、KAT-TUNを応援している。
だからこそ、亀とKAT-TUNを支え、応援していきたいと強く思ってる。


| KAT-TUN | 13:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ファミクラでの亀の発言に暗く沈んでいた気持ちに光がさし勇気と希望をもらえた
前と変わらぬKAT-TUNへの想いと、どんなことがあっても大きなグループで在りたいというこれまでと変わらぬ信念がつたわってきた
グループを大きくしたい、どんなことがあっても変わらぬ信念をもち続けることは素晴らしいことで容易にできることではない
ただそこに拘りすぎて上を向いてるばかりいると足元の小さな綻びにも気づかず進んで行ってしまうこともある
グループを大きくしたくともグループの基盤が揺らいでいてはどうしようもない
中丸が構築と表現した様にこれから何があっても揺らぐことのないグループの基盤づくりをしっかりとし、その上でまた一歩一歩堅実に進んで行ってほしい
その一歩一歩がいつかきっと高い場所に行けると信じている


| ひとり事 | 2015/11/30 11:02 | URL |

こんにちは。

人それぞれの考えだと思いますが…

私もKAT-TUNの中にいる亀ちゃんが大好きです。一番大好きです、
が …
私はKAT-TUNオンリー担であり、亀ちゃん、オンリー担 ですので
最悪、どうなったとしましても

亀ちゃんに一生着いて行きます。

じゅんのには、本当に言える範囲で説明してもらわないと、特にじゅんの担には辛いと思いますし、皆がずっと納得いかないままでいないといけないと思います。

言わないから、亀ちゃんが3人が余計にいろいろ悪く言われるのだし、じゅんのもこの先の人生でマイナスの印象になると思います。



とにかく私は、亀ちゃんが一人になろうともずっと亀ちゃんを応援します。

| あさこ | 2015/11/30 07:42 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/11/30 06:31 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/11/30 00:53 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/11/29 20:51 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/11/29 19:49 | |

全くの同意見です。亀ちゃんがもしKAT-TUNを辞めるって言うなら私も、もう亀ちゃんには付いて行けないと思う。KAT-TUNの亀梨和也があって一人の亀梨和也があるのだと思うから。だから田口本人は許せない気持ちはあるけど田口担の人は辛いだろうと思う。もし来年ツアーがあるなら3人のステージが見たい。卒業ライブとか、いらない

| かめい | 2015/11/29 16:04 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2015/11/29 15:23 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT