☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワクワク、ドキドキ

今日の亀ラジ。

カクベツNo.1  「受験勉強の息抜きに聞きたいKAT-TUN曲」

1位  PERFECT
2位  SPIRIT
3位  Going!
4位  Will Be All Right
5位  EXPOSE
6位  DIAMOND
7位  ULTIMATE WEELS
8位  PHOENIX
9位  DRAMATIC
10位 不滅のスクラム

次回のカクベツNo. 1は「恋をしたくなるKAT-TUNの曲」だそうです。
そのあとの亀の「チュッ」に、ドキドキ。



怪盗山猫のツイも頻回につぶやいてくれてるし、LINEもくるし、ワクワク、ドキドキです。
本当に、楽しみですね。


そして、「嵐にしやがれ」に亀が出演します。

近日公開「嵐にしやがれ」で松本潤vs亀梨和也!真のカッコイイ男はどっちだ?

これからも、番宣でテレビにどんどん出ますよね。
楽しみです。


それから、CARADAのCMオンエア予定も、HPに出ています。

こちら



TV LIFE第25回「年間ドラマ大賞」の投票

「A・作品賞(大賞)」、「B・主演男優賞」、「G・主題歌賞」にエントリーできます。
締め切りは、2016年1月4日(月)です。

TV LIFE第25回「年間ドラマ大賞」の応募フォーム

1日1回の番組アクセス!

怪盗山猫

タメ旅

タメ旅の要望、がんばりましょう!
TBS<ご意見・ご感想をメッセージフォーム
チューリップテレビ(TUT) <お問い合わせ
北陸放送(MRO) <Eメール:mro@mro.co.jp>
毎日放送(MBS) <メールフォーム
テレビ山口(TYS) <Eメール:hensei@tys.co.jp>
テレビ高知(KUTV) <ご意見・お問い合わせ
RKB毎日放送 <ご意見・ご感想
琉球放送(RBC) <ご意見・ご感想・お問い合わせ



FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




早売りドル誌で、竜ちゃんがKAT-TUNの新曲のことを語ったみたいです。


ドラマの主題歌かどうかはまだわかりませんが、公式発表が待たれますね。


あの発表からまだ1ヶ月も経ってないから、まだ受け止めきれない人もいるだろうし、それは仕方ないことです。
ただ、変な情報や擁護ツイは、ちょっとなあと感じています。

また、新曲が4人なのか3人なのかはわかりません。
どちらにしても、彼らが発するものは受け止めるしかありません。
それで心が痛んでも、仕方ないと受け止めるしかないですね・・・というか、そう自分に言い聞かせています。
きっと、それを乗り越えれば、彼らの新たな世界を見ることができると思いますもん。

KFCさんのツイで紹介されていたこのスライドショー。
いろんなことに惑わされず、私たちも、10周年は、東京ドームで彼らと笑顔で会いお祝いしたいですね。
そして、ワクワク、ドキドキしたいです。



| 亀梨和也 | 23:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おじゃまします。
春まで4人のKAT-TUNを精一杯応援し楽しみたい人、4人を見ると悲しいけどそれでも4人のKAT-TUNを最後までしっかり見届けたい人、4人を見るのは辛く、悔しさや怒りの方が勝って出来るだけ早く3人での活動を希望してる人
番組も新曲も3人で~4人で~と受け止め方は人それぞれで、3番目の気持ちの方は春まで相当キツイとお察しします。
ブログやツイでそれぞれ素直な気持ちを様々につぶやいてるの見かけますが、田口くんに対してそこまで言う?というツイや、反対に田口くんを悪くいうのはKAT-TUNファンではなくオンリ―担だからハイフンを名乗ってはだめというツイも見かけました。いくら自分の気持ちを素直に書くのは自由だからといっても、明らかに読み手が悪口と思えるものは、これから3人で続けていくKAT-TUNにとっもマイナスになる気がするので、そこは誰でも見れる場で語る場合は、個人的にはちょっと考えてもらいたいなと思いますね。まあどこまでが悪口かはまた読んだ人の受け取り方なので難しいところではありますが。
新曲リリースが2月初めなら4人でという見方をする人の方が多いようですが、どうなのでしょうね? 約1年ぶりのCD、3人でも4人でもKAT-TUNの新曲なら全力で応援したいですよね。

| 通りすがり | 2015/12/20 14:54 | URL |

運命共同体

お久しぶりですm(_ _)m

想いも色々あり
まだまだ全然納得いかず
悔しい悲しい気持ちは全然消えません。
でも
FNS と少プレを観たら
春まで今のKAT-TUNを見届けようと更に強く思いました。

もちろんその先もKAT-TUNに全力で着いて行きます。

春まで
得体の知れない違和感を感じながら
何も知らないままで
事後報告で
メンバーの覚悟も辛さも
知らないまま 後で何で?何で?と
悔やむより

KAT-TUNの真ん中だからこそ
それがどんなに
辛くても
悲しくても
悔しくても
同じ時のこの同じ想いを一緒に感じたいたいと思いました。

今は無理でも
あの段階での
発表はベストだったと
後で思えると良いなと思います。

いつもryuryukoさんがおっしゃっている
運命共同体になりたいです。



| kamesayu | 2015/12/20 08:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT