☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

筋を通すこと

休日ドライブ 「波に乗ってます」 
一歩進んで「二歩進んでます」
周りを冷静に「見守ってます」 
たまにはテンション上がり過ぎて
まず みんなに笑って開き直ります 
無邪気に見えても筋は通します
腰をふりふり こいつが「和也!」

「筋を通す」というワードで検索していたら、名古屋の会社経営をしている方のブログに共感する記事がありました。

『筋を通す』・・・首尾を一貫させる、道理にかなうようにする
コトバンクによるとこのように書かれていました。
「筋」というのは、すなわち「物事の道理」ということですね。
「物事の道理」とは、「約束したことは守る」とか、「受けた恩は、必ず返す」とか、「迷惑を掛けたら謝罪する」などのような人間関係においての基本的なルールのことだと思います。
Peers桑野のブログ


桑野さんは、「『筋』ということよりも『自己都合』が優先されるようになってきている」と言っています。
そこは深く共感しました。

同時に、「KAT-TUNに残った3人は、筋を通している。」と痛感しましたね。
だから、KAT-TUNを守ろうとしているし、ハイフンに対しても真摯に向き合ってくれている。

「筋を通す」ことは、人間として当たり前のことです。
筋を通さなかった人には、私の経験上その報いはあります。

昨日は、いろんなことで混乱した日でしたが、今は落ち着きました。
今は、彼ら3人を応援しましょう!


ハットグランプリも、亀に投票しましょう!!

ハットグランプリ

テレビガイドスターランキングに週1回投票しましょう!     

投票アドレス:tvg03@tokyonews.co.jp

件名: リーダーズリンク係
本文: 好きな男性&女性タレント(各1名ずつです)、住所、氏名、年齢、電話番号。
*土曜~翌週金曜までの集計分が1ヵ月後に掲載されます。
*募集期間は土曜~翌週金曜。ただし同一名義による同時期の投票は無効。
*感想やTVガイドへの要望なども書くとなおよいそうです。


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング


続きは、私の想いです。




KAT-TUNがデビューしてから10年の間、落ち着くってことがなかった気がする。
信じて裏切られ、信じて裏切られ、そして3度目の裏切り・・・。

そのたびに、涙してきたけれど、KAT-TUNを応援してきた。
それは、亀が常に筋を通していて、信じることができるから。

ハイフンの中でも考え方はいろいろで、混乱している。
事務所のせいにしている人もいるけれど、現実をみるとそれもどうかと思う。
その裏のことはわからないし、目の前のことが真実だ。

6人のKAT-TUNも真実・・・
5人のKAT-TUNも真実・・・
4人のKAT-TUNも真実・・・
だった。

だから、亀はオーラスの時にやめた3人にも感謝したんだ。
でも、それは過去のこと。
今は、3人のKAT-TUNが真実だ。

充電期間に入ったのは、彼らが筋を通すと決めたことだと解釈している。
だから、私たちは、その真実を受け止めて、応援するしかない。

大変なグループを好きになっちゃったけど、いろんなことがあるたびにハイフンも強くなってきている。
そして、団結力も増している。
悪いことばかりじゃないって思う。

それに、彼らの充電完了時には、この辛さや悲しみ、不安を、すぐに払拭してくれるに違いないと思ってる。


これは、ットサーフィンした時に見つけた言葉です。
今は、この言葉を心の中で反芻しています。

裏切るより裏切られるほうがいい。

裏切るより裏切られた方が良いというのは、たとえではなく、そのまま本当のことなのです。
人に裏切られたときは、そのような人間であったことを知らされたことを感謝してしまいましょう。
人を裏切ったり、陥れたりするような人間は、必ず運に見放され、失敗の道を進むだろうと思います。
裏切られた人は安心しなさい、恩を仇で返すような心の腐った人間は、いずれ必ず失敗する。
そういう人間と決別できたことを喜びなさい。
そして、人を裏切る行為は、自分自身を裏切ることと同義だということです。
なぜなら、自分自身の心に嘘はつけないからです。自分の本性を心の奥底で感じて、記憶しているからです。
人は誰も自分自身から逃れることはできません、心の底から自分を信頼できるような行動をしましょう。
人を傷つければ、自分自身が傷つくということでしょう。
そして、その人から幸運は逃げていくのです。
ですから、人を裏切るくらいなら、裏切られた方が良いということです。
自分自身に嘘をついても、それは通用しません、自分が知っているので当たり前のことです。

参考書籍:西田文郎氏のツキを呼び込む 究極の成功思考





| KAT-TUN | 12:25 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2016/09/02 21:44 | |

こんにちは。

辞める時に、水面下では決まっていたのであろうから、どうして理由を言わなかったのか。

事務所のせいやらいろいろ言われてますが…
本当の事はわかりません。それでも
結局は、最後は本人の気持ちですからね、充電のきっかけの人です、人間としおかしいですよね。

お天道様は見ています。
神様は見ています。

今回の事、私の周りの人は誰一人知りませんでした。

ほとんど人が、誰?知らない。

知っている人はそうなんだ、それにしてもひどいね、でした。

| あん | 2016/09/02 19:58 | URL |

その通りですね!

西田文郎先生のお言葉、全くその通りですね。
私もずっとそう思って、まさか田口君は…と思って来たのですが、本当に人って分からないものだとつくづく思い知らされました。
と言って、私はこれ迄の考えを変えようとは思いません。裏切るような人間に成り下がりたく無いからです。
裏切るより、裏切られた方が何の後ろめたさも感じる必要がないからです。

これからも益々KAT-TUNのファンである事に誇りを持って応援していきます。

| ズンコ | 2016/09/02 15:56 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT