☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同じ方向を向いている!

アナザースカイ。
ゆっちの一言一言に、今のKAT-TUNの現状を改めて思い知らされる。

・KAT-TUNは今どんな状況?
 →充電期間。

・KAT-TUNは元々は何人?
 →6人だが、半分になった。

・4人で落ち着くと思ったでしょ?
 →5人で落ち着くと思ったが、4人になりこれで落ち着くと思った。

私が、職場等で亀が好きだというと同じようなことを聞かれる。
特に、「本当にいろいろとある落ち着かないグループだよね。」なんぞ言われたら、苦笑いするしかない。

・3人になったとき話し合った?
 →3人でどう思っているのかを共有したら、大きな目標の違いがなかったので解散する必要はないと思った。

3人は同じ方向を向いている。
そう改めて教えてくれたゆっち。
分かっていたことだけど、そうやって言葉に出してくれると安心する。

雄「亀梨くんがウチのグループだと料理を結構作ってくれて、率先してやってくれるんですよ。亀梨くんも結構満足そうな顔してるから、ちょっと気持ちがわかりましたね。」

相手のために何かをする。
それは喜びでもある。

モンスターグループになると期待されたKAT-TUN。
なかなかデビューさせてもらえない。
焦ってきたのでジャニーさんのところに直談判に行ったら、「焦らなくていいから、目の前のことをやってくれれば大丈夫。」だと言われた。

グループの価値を高めるため、自分の芸も磨いた・・・

この言葉に、彼らが充電期間を敢えて設けた理由が頷ける。

10年目の節目の年に対して、苦渋の決断をした彼ら。
きっと、ゆっちだけでなく、亀も竜ちゃんも原点にもどり、自分を見つめなおしていると思う。

グループ再開のお知らせが、早くありますように。
再集合の合図があれば、すぐに参上する心の準備はできていますもん!


もう少ししたら、亀ラジ。
久々にリアタイできます。
楽しみです。


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、私の想いです。




「メンバーそれぞれの人生があるから、しょうがない。」と語ったゆっち。
確かにそう。
人にはその人それぞれの人生があるし、それに対して他人がどうのこうのということもない。

日本では、小さい時から「他人に迷惑をかけない」といわれて教育されてきている。
それが、勤勉であり、ルールを守る日本人の特徴になっているそうだ。

まあ、そうだとしても、生きている限り、誰かに対して迷惑はかけているもの。
自分では気付かなくても、迷惑だと思われていることもある。

「一人で大きくなったわけじゃなく、社会や周りに迷惑をかけながら寛容さの中で、大きくなってきた。
こんな感謝の気持ちから、他人の事も許してあげよう。」

これは、インド的な考え方らしい。
アメリカも、それに似てる。

「自分が迷惑をかけるかもしれないが、相手の迷惑にも許容範囲が広くなるというスタイル」

最近の日本も、そんな考え方の人が多くなってきたように思う。
確かに、お互い様であるから、他人を許すことはいいことだと思う。

ただ、自分の行動で相手に迷惑を多少なりにかけるとしても、他人の仕事をダメにしたり、相手を悲しませ辛い気持ちにさせることはいかがなことか。
せめて、それを最小限にしようと考えてほしいと思ってしまう。
それが、人としての「美徳」だと思う。

脱退していった人に対して、許すも許さないも、しょうがないと最近では思うようになった。
自分の好きな人生を選んだからそれで頑張ればいい。

だけど、KAT-TUNとは関係ない人なので、これからはKAT-TUNの3人には迷惑をかけないでほしい。
そう強く思っている。



| KAT-TUN | 10:09 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2016/12/04 23:28 | |

こんにちは。

ゆっちのそれぞれの人生だからというのもわかります。その人が自分はこれをしたいからとか、これになりたいとか、少なからずあると思います。
私達も今のお仕事をやめたいとか今まで思った事もあります。
それでも人って一人で生きているのではないですよね。
かならず、誰かがかかわっていますよね。
それも何人も。

その人が自分の思いを叶えようとしたら、必ず犠牲者や犠牲物?がでますよね。

人間は、夢の通り?に希望通りに行く人なんて一握りだと思います。
受験、就職にしても合格する人、落ちる人と泣く泣く?別の所に行く事になります。
人間皆にそれぞれの人生があります。
脱退の為にどれだけの人が大変な思いをしたのか!

それだけは、脱退した人にはずっと忘れないで欲しいですね。

私は脱退発表後すぐに3人以外は無関心になりました?無関心になろうとしたのかな?
辛くて。
今はほとんど何とも思わなくなりましたね。KAT-TUN以外は。他の人に関心をもつ余裕もありませんし。KAT-TUN事でいっぱい、ですね。

| ハイフン | 2016/12/03 20:07 | URL |

Re: Re: タイトルなし

> ご指摘ありがとうございます。テレビを確認し、本文を消しました。

| ryuryuko | 2016/12/03 17:49 | URL |

雄一くんが50年前と言ったのは『当時』とテロップで補足されているのに気づいてらっしゃいますか?
ですから今から約20年前に戦争について考えたときの話をしてるんだとすぐにわかりますけど。
いきなりで申し訳ありませんが雄一くんの名誉の為に指摘させていただきました。
お気を悪くされたらごめんなさい。

| 中丸担 | 2016/12/03 14:11 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT