FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀梨和也という世界観

亀梨和也が好き!

ソロの亀梨和也も好き。
KAT-TUNの亀梨和也も好き。
俳優の亀梨和也も好き。
モデルとしての亀梨和也も好き。

亀梨和也、すべてが好き。
ごく堕ちの私にとって、どの場面においても、いろんな表情を出す、亀のあの独特の雰囲気が好きなんだと思うんです。
「亀梨和也という世界観」が好きなんです。
それは、私が亀をずっと好きでいる理由だし、生きる糧になっています。

私は、亀オンリー担だけど、KAT-TUN亀梨和也が好きだから、KAT-TUNも好きなんです。
これは、私が亀を好きな理由であって、亀担それぞれみんな亀に対する想いは違うと思います。

もちろん、同じような考えだったり想いだったりすることはあっても、1人ずつ違っていますよね。
金子みすゞの詩のように、「みんなちがって、みんないい」なんです。

しかし、最近のツイを見たりすると、自分と違う意見の人に対して、間違っていると言い切るのを目の当たりにします。
もちろん、間違った情報を拡散したりなどの情報操作はいただけませんし、訂正しなければと思います。
それ以外は、自分と違う考えに対して意見するのはいいけれども、SNS上で言い合うのかいかがなもtのかと。

私事ですが、私がブログを始めた13年前、いろんな方から、ご意見や注意をいただきました。
ブログは、不特定多数の人が見るものであるから、これを見て嫌な想いをさせないようにしたほうがいいと。
「嫌なら見なければいい。」というのは、こちらの都合で、見ないようにしても目に入ることもあるんです。

今年になって知った「アンリー」というワード。

アンリーとはアンチとオンリーを組み合わせた造語で、ジャニーズのグループ内で1人だけを溺愛し他のメンバーを貶める発言を繰り返す悪質なファンのことです。
嫌いなメンバーの悪口を拡散するだけでも十分悪質だと思いますが、時には事実を捻じ曲げ、特定のメンバーを集団で誹謗中傷する行為まで。
これはすでにファンではありません。
好きな人を褒めるだけでとどめておくことができず、グループの他メンを貶めることで結果グループ全体を、そして溺愛している本人をも傷つけていることに気付きもしない。


この記事が、私の想いを代弁しているような気がしました。

アンリーの人を否定するつもりはありません。
人それぞれですから。

以前、私が共感した、秋元康さんのこの言葉。

嫌いな人のことを考えるより、自分の好きなことを考えたほうが、人生楽しい・・・(ニュアンスですが)

だから、SNS上では、好きな人の事ばかり語りましょう!
楽しいことで盛り上がりましょう!
腹立たしいことがあれば、それ以外で叫びましょう。

・・・心から、そう思います。


それと、今晩のタメ旅。
今から、ワクワクしています。



2019年2月23日に、恒例の亀ハピバ会を開催します。
みなさんの参加を、お待ちしています!
申し込みは、こちらから↓

CHAIN-亀梨和也な毎日


要望書先

★ファミクラ
〒150-8550 東京都渋谷区渋谷3-29-24 MTBビル4F
ジャニーズファミリークラブ 
亀梨和也ソロコンDVD要望係

★亀ラジ
・メッセージ→こちら
・住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 文芸春秋銀座別館6F 
KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT係


★TVガイドのスターランキングの投票方法。

好きな男性&女性タレント各1名ずつ、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、下記住所にハガキで送ってください‼️
1位にしたいですね!!

〒119-0311 TVガイド「リーダーズリンク」係


FC2ブログランキング 
ジャニーズブログランキング



続きは、亀のことです。





5年前、入院患者さんから聞いた話です。
患者さんからは、その時ブログに載せてよいとの許可はとっていたのですが、なかなか書けずにいました。
でも、せっかくなので、書きますね。

2005年に、ロサンゼルスで毎年行われている二世週祭り「Grand Parade」にKAT-TUNが登場したことは、ご存知の方も多いと思います。

こちら

そのとき、その患者さん(以下Aさんと記す)は、ロスで日本人相手の新聞の記者をしていたそうです。
で、Aさんは、日本の人気アイドルの取材をすることになったそうです。
それが、KAT-TUN。
パレードが中止になったと記事にありましたが、その人気は本当にすごかったそうです。

取材のときのKAT-TUNの印象は、Aさんにとって、あまりよくなかったそうです。
なぜなら、質問すると、全員一言しか答えなかったから。

たとえば、「アメリカに来て、ファンがたくさん来てくれて、どういう気分ですか?」との質問に「嬉しいです。」の一言。
それも、ボソボソと答える。
チャラくて態度が大きかったそうで、インタビュー記事を書くのが大変だったそうです。

デビュー前の、若くてやんちゃで、尖ってたKAT-TUN。
目に浮かびますよね。

「亀梨くんって、大きなサングラスはかけているは、チャラいわ、インタビューにも一言しか答えないわで、本当に印象が悪かったんです。でも、今こうして活躍している姿を見て、びっくりしています。全然違う。年齢とともに、成長したんだって思いました。今は、印象いいですね。」とAさん。

その当時の亀の姿が浮かびますね。
人間らしさというか、亀の少年らしさを感jました。
私的には、「萌え」なんですが、やはり仕事においては、まだまだ子どもだったのかなと思います。

でも、それから、いろんな経験をして、今の亀がいる。
そう思うと、ますます亀の事が好きになりました。



| 亀梨和也 | 20:25 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2018/11/03 08:46 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2018/11/02 21:48 | |

大阪ぶり~

お好み焼きやさんで生ビール片手にひとりめし中のyouです。コメントなんて何年ぶり?
なんかすごく新鮮かも(笑)

私はアンリーの人たちのやり取り(ケンカ)を目にしたら結構楽しむタイプ。いろんな人がいていろんな考えた方があるな~とか何が原因でこうなったんだろうって辿って掘り下げたり…
そしたらKAT-TUNになにが足りないのか見えたりする。

亀に関しては、昔はSNSに一喜一憂したけど今は影響されない確固たる亀梨和也への想いが確立されてるからなにを書かれても意外と平気。
blogの内容からしてryuryuちゃんも一緒だよね?

アンリーって溺愛してる担当なんていないと思う。溺愛してたら他のメンバー見てる暇なんてないし気にもならないと思うもん。
妬みとか僻みなんて世の中から無くなればいいのにね。

でもさ、それがなくなるとそこに興味って集まらなくなっちゃうのかな…難しいね。

私、ライヴ中のヘイターが一番嫌!
変な人の記憶っていつまでも残るから困る!
亀の可愛いさとか美しさとかカッコ良さとか面白さとかは行かないでーって必死に守っても記憶から薄れていくのに。

あ!
それだ!
嫌いは記憶に残るからきっと粘着になるんだね。
でもそんな粘着も気がついたら目で追うからそのうち溺愛になるんだよ。

追っかけっこだね😌

それだけ見る人の感情を揺さぶる亀梨和也はやっぱり凄いわ💕

ずっと応援していこうね~😆





| you | 2018/11/02 21:24 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT