FC2ブログ

☆亀梨和也な毎日☆

                   亀への想いを語っていきたい・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Mステ

帽子梨で歌い始める。
亀ちゃんの甘くかすれた声が、心に響いてくる。
キス。
あのあと、小指にも軽くキス。
小指にキスしたあとの表情が、めちゃくちゃ素敵!!
激しい音楽と共に帽子をかぶる。
そして、雄叫び。

6人ともカッコいいよ。
力強いよ。
楽しんで歌ってる。

亀ちゃんのダンス。
これでもかっていうくらい、体をくねらす。
もう、そのセクシーさにクラクラしてしまう。

そして、仁亀の2人
最高のシンメだよ。

始まる前から、ドキドキしていた。
亀ちゃんが緊張しませんようにと願ってた。
始まった途端、全身に力が入った。
だから終わったあと、ホッとしてなんか力が抜けたわ。


今回のMステは、仁亀が並んで座っていたし、もう萌え所いぱいだったね。

オープニング。
タ「撮影順調にいってるの?」
亀「そうですね、結構キツイですけど、ギリギリでやってます。ギリギリで間に合うと思います。」

休みの日にどう過ごしたか。

亀「今、ボクシングのドラマをやっているので、体作りをちょこちょことやっていました。電気屋さん行ってこういう乗るマシーンを買ったりとか、スポーツ店に行ってバランスボールを買ったりとかしてましたね。」

筋肉がついたかどうか、タモリさんが亀ちゃんのおなかを触る。
タ「おっ、割れてるね。いいね、いいね。」
そう言われて、亀ちゃんすごくうれしそう。
自らお腹を触って「割れてきましたね。」って。
この表情がもう可愛いの!!

席の並びは、仁亀隣同士。
しょこたんの時は、仁亀聖の3人がなんかしゃべっていたね。
で、まず仁亀が「トゥットゥルー」をしたの。
思わず「キャー!!」って叫んじゃった。
そのあと、聖と竜ちゃんも・・・。
なんか、やっぱり、仁亀の絡み最高にいいね。

ああ、これから何度リピすることか・・・。



ランキングに参加しています。↓
私と同じ想いの方は、ポチッとお願いします。

ブログランキング

ジャニーズブログランキング



続きは、私事です。




長女が個人面談のプリントを持って来た。
うう、私行きたくない。
話が全然合わない担任と話をしても無駄だって思いつつも、やっぱり受験のこともあるしそうも言ってられない。

担任は、長女から言わせると、勉強ができる子が大好きでヒイキが凄いらしい。
確かに長女はルーズなところはあるけど、それを担任に「そんなことでは、ロクな人間になれない。」って言うことをもっと酷い言葉で言われて以来(なんて言われたかは、言いたくないと言ってる)、全然受け付けなくなった。
その先生は、成績のよくない子どもの親に、すこぶる評判が悪い。
勉強出来なくても、その子のいい面を褒めてくれればいいじゃない。
でも、そのことで結構傷つくことを子どもに言ってるらしい。

はあ、何て言おう。
来年は担任にならないでくださいって言おうかしら。

そりゃあ、勉強ができることにこしたことはないよ。
でもね、すべてのことにおいて、ビリがいるからトップがいる。
全員同じに出来たら、それは当り前になっちゃうよ。

親として、子どもの可能性を考えたいと思う。
その子なりの、歩み方の早さを考えていきたい。
そのために、子どもと一緒に考えていき、子どもの可能性を切り開いてやりたいと思ってる。

それにね、人間一生勉強だと思うんだ。
私も今、しみじみと感じるわ。
だから、子どもたちにもそういうことを教えていければいいなって思う。


| 亀梨和也テレビ | 21:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2008/02/02 14:53 | |

担任の先生によって、色々左右されますよね。
息子が3年の時の担任は、臨時だったんですけど、
2学期まで受け持ちながら、最後まで
「自分は臨時だから」という事を強調してました。
臨時だから、子供達が勉強が分からなくても、
自分に責任は無いとか、総合の授業は、
何をやるのか自分も知らないとか、平気で言っちゃう先生でした。

勉強は、確かに出来るに越した事はないけど、
難しいですよね。
何故勉強しなくちゃいけないのか、息子には伝えてはいます。
その時は、すごくやる気になるけど、日にちが経つと、
また元に戻るを繰り返してます。苦笑
性格的に落ち着きが無いので、根気よく導くしかないのかな。
亀ちゃんのように、人間的に素晴らしく育って欲しいです。

| teruru | 2008/02/01 23:45 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT